ノーローン新規申し込みがおすすめなのは無利息サービス!

ノーローン新規申し込みがおすすめなのは無利息サービス!

 

クレジットカードやカードローンを限度額いっぱいまで使ってしまった時、増額審査に申し込みをしたくなるでしょう。カードローンは複数枚持つことは危険なので、なるべく1枚〜3枚くらいに抑えておいたほうが理想的です。新しいカードを契約するよりも、増額審査に申し込みをして、1枚あたりの限度額を増やしたほうが、借り入れ件数を抑える結果になります。

 

しかし、現在ではカードローンのサービス内容も多様化しているので、必ずしも1枚に抑えたほうが良いとは限りません。例えば、ノーローンなどはユニークなサービスがついているので、1枚持っておくと便利です。

 

ノーローンの大きなメリットは、1週間何度でも無利息というサービスがついているということです。無制限に何度でも1週間無利息となるわけではなく、前の月に借金を一度完済しているということが条件です。新規で借入をした人は、ほぼ無条件で1週間無利息となります。

 

まず、新規で10万円を借りたとします。すると、1週間は無利息となります。その後、5月20日に完済をしたら、6月にまた1週間無利息というサービスを利用できます。6月1日に完済をしたら、6月にはそのサービスは利用ができません。7月からは、1週間無利息のサービスを利用できるようになります。このように、前の月に一度完済をしておくことが重要になります。

 

一度完済をすることが重要になるので、継続的にお金を借りることには向いていません。例えば、50万円くらいをノーローンで借りてしまったら、返済にはそれなりの期間がかかるでしょう。借りる金額は10万円くらいにしておいて、1ヵ月以内に返済をしてしまうというのが賢いやり方です。もちろん、年収が800万円くらいある人なら、50万円を借りてもすぐに返済をしてしまえるかもしれませんので、ケースバイケースです。自分に合った使い方をしましょう。

 

ノーローンをうまく利用することで、毎月の利息を節約することができます。10万円に対して1ヵ月間金利18%がかかったら、およそ1500円の利息になります。ノーローンでは1週間無利息となるので、なるべく1週間以内に返済してしまうのが良いでしょう。節約できた分の利息を借金の元本の繰上げ返済にあてることで、さらに利息を節約できるという結果になります。

 

ノーローンは1週間無利息というサービスが何度でも受けられますが、金利は高めなので、メインで利用をするカードローンとしては向いていないかもしれません。しかし、サブで保有をしておき、うまく使うことで節約につながります。もちろん、毎月給料の前借りをして、すぐに返済をしてしまうという方法をとるのなら、メインのカードローンとして使うことにメリットが出てくるでしょう。人によってメリットの大きさは異なっているので、一般論に流されず、個別に考えることが重要になります。

 

消費者金融なので審査は柔軟になっており、アルバイトの人でも借りられる可能性があります。